Archive for the ‘日本語’ Category

License Drafting Rule No. 1: Don’t Say 専用使用権 Unless You Mean It

Thursday, June 3rd, 2010

Just like Alberto-Culver, we don't know what 専用使用権 means, but our hair looks great!

日本語訳はこちらへ>>>

We have said it before, because it is true. Seemingly small differences in contract wording lead to major differences in real-world consequences.

This rule especially applies when the contractual wording is in a foreign language, as Alberto-Culver, the makers of Alberto VO5 hair care products, discovered when they lost an appeal of a breach of trademark license case which turned on a Japanese legal phrase that Alberto-Culver did not completely understand and was not otherwise defined at the time of drafting the license agreement.

With licensing increasingly utilized as a tool of expansion into international markets, the case is a good lesson in what NOT to do.

In 1980, for lump-sum royalty payments of $10 million, Alberto-Culver gave Sunstar a 99 year exclusive license to manufacture and sell hair care products in Japan under the VO5 trademarks, after which Sunstar would own the registrations. The license agreement had appendices showing which VO5 logos and marks Sunstar could use. The agreement said that Sunstar’s license would have the status of a “senyoushiyouken” (専用使用権), which translates literally from Japanese as “exclusive use right.” But the license did not include an English definition of “senyoushiyouken.” Under the Japanese Trademark Act, the “senyoushiyouken” is exclusive even against the trademark owner, and the holder has other rights nearly equal to the owner, including the right to sue infringers in its own name.

Sunstar clashed repeatedly with Alberto-Culver over its ability to modernize the VO5 logos for the Japanese market. Against Alberto-Culver’s wishes, Sunstar went ahead with updated logos once in 1989, which led to a negotiated settlement with payment of an additional $10 million by Sunstar. When it happened a second time 10 years later, Sunstar refused to negotiate, arguing that under Japanese law, a licensee with “senyoushiyouken” status is legally entitled to use a registered trademark with minor format changes. For example, Article 50.1 of the Japanese Trademark Act, which deals with rescission of unused registered trademarks, recognizes that holders of “senyoushiyouken” are authorized to use:

“登録商標(書体のみに変更を加えた同一の文字からなる商標、平仮名、片仮名及びローマ字の文字の表示を相互に変更するものであって同一の称呼及び観念を生ずる商標、外観において同視される図形からなる商標その他の当該登録商標と社会通念上同一と認められる商標を含む…)。”

“…a registered trademark (including a trademark deemed identical from common sense perspective with the registered trademark, including a trademark consisting of characters identical with the registered trademark but in different fonts, a trademark that is written in different characters, hiragana characters, katakana characters, or Latin alphabetic characters, from the registered trademark but identical with the registered trademark in terms of pronunciation and concept, and a trademark consisting of figures that are considered identical in terms of appearance as those of the registered trademark…).”

This set up an interesting legal hall of mirrors for the lawsuit. Alberto-Culver argued that the only reason that the word “senyoushiyouken” was used in the contract was that in 1980 the negotiating parties wanted to give Sunstar language it could use to register the license with the Japanese trademark office. (Many foreign governments require trademark licenses to be registered to be effective.) Since the agreement provided that it was to be interpreted under Illinois law, the Japanese meaning of “senyoushiyouken” and any rights granted by it were irrelevant, said Alberto-Culver. Rather, the agreement should be interpreted as an exclusive license under Illinois law, which would require the licensee to attain prior consent to even minor format changes per explicit provisions in the license agreement.

Alberto-Culver won at trial, but that decision was forcefully overturned on appeal by the Seventh Circuit Court of Appeals in Sunstar, Inc. v. Alberto-Culver Co. (decision available here by entering case number 07-3288), where Judge Richard Posner wrote that when sophisticated parties use technical terms in a contract, they must be presumed to use and understand them in the technical sense. In so doing, the court followed a common rule of contract interpretation that whenever possible, courts should interpret contracts as a reasonable third party would by looking only at the words within the four corners of the contract, and without researching the history of the negotiations or other extrinsic evidence of the parties’ subjective intent. In other words, Alberto-Culver would be presumed to understand and consent to the meaning of any Japanese legal terms included in the license agreement, and therefore Sunstar was not in breach for using modernized VO5 marks.

Takeaway: in any license or other agreement regarding the disposition of valuable intellectual property rights, avoid vague letter agreements or memorandums of understanding, especially those that contain undefined technical words and other shorthand terminology. The contract should include a definitions section with detailed definitions for any technical terminology or terms of art. It will take a little bit longer to negotiate the contract, but 注意一秒、けが一生. [Translation: “An ounce of prevention is worth a pound of cure.”]

Sunstar VO5 commercials featuring 1989 version of updated logo, with song advising, “Don’t cry about split ends,” because the conditioner’s UHM Silicon will fix them.

(more…)

モノ作りと知恵作りとライセング, Part2

Sunday, February 28th, 2010

Making Things, Making Knowledge, and Licensing, Part 2>> English translation

「日本はなにを作るのか。日本でなにを作るのか。」

以上の質問は最近放送された(日本で1月24日、アメリカで2月14日)NHKスペシャル番組“メイド・イン・ジャパンの命運”の表題でした。

この番組は、中国が低賃金のモノ作り業界の主導権を握り、アメリカが高付加価値のデジタル業界の主導権を握っている現代の世の中、日本のモノ作りのビジネスモデルは持続可能かどうかを追求するというものでした。

確かに昨年日本で百余りの大手工場が閉鎖したということは悩ましいことです。

モノ作りというビジネスモデルに加えて、日本の産業界にはもう一つの選択技があるのをほのめかしていました。もう一つとは、知恵作りというビジネスモデルです。このビジネスモデルには、ライセンスは大事な役割を演じています。

その点で、NHKの番組はこのブログで以前に紹介した堺屋太一氏の意見とかなり一致していると思います。堺屋氏がおっしゃったように、モノ作りは日本の伝統だけれども、知恵作りは日本の将来です。

NHKのウェブサイトがこの番組について以下のように説明しています:

「金融危機の影響がもっとも大きく出た日本。GDPはまもなく中国に抜かれ3位に転落するのは必至である。こうした中、日本はグローバル経済の中で、何を作り、何で稼いでいくべきなのか。世界最強のブランドと言われた“メイド・イン・ジャパン”が、出口を求めて必死にもがいている。いま日本の製造業が直面している世界の地殻変動、それは、猛スピードで技術が陳腐化し、製品の差別化が難しく、しかも製品の寿命が超短命に陥っていることだ。メイド・イン・ジャパ ンの代名詞だったテレビ業界では、特にその傾向は顕著で、どんなに高度で精密な薄型テレビを作り出しても瞬く間に韓国台湾などアジア勢の猛追を受ける。少しでも安いモノをと考える消費者にとって、ライバルがある程度の技術力を持てば、日本製品の優位性は一気に崩れるのだ。こうした中、いま一度日本国内工場 の存在意義を問う、「生き残りをかけた実験」が始まっている。東芝ではコストを度外視した超高機能テレビを作り技術力を極めようとする試みが佳境を迎えた。JVCケンウッドでは、自社生産にこだわらず、技術を中国メーカーに譲って製品を作らせ、そのライセンス料を企業収入にしていこうという動きも見られる。番組は、「日本は今後どうやって食べていくのか」、「日本人は何が得意なのか」と自問を繰り返す二つの電機メーカーの社運を賭けたプロジェクトに密着 し、メイド・イン・ジャパンの未来を見つめていく。」

番組の中で痛ましかったのは、肝心な家電製品のトレードショーで超高機能東芝テレビデビューの最中、複数のソフトバグのせいで、ディスプレイ用のテレビ画面がいきなりに真っ白な状態になったことです。NHKのナレータが「手触りのないデジタルの世界を制することができるのか」という質問をしました。従来の東芝テレビの開発を担当している技師チームはハードのアナログの世界で育ち、まだ自社のソフト技師チームとうまく協力できないらしいのです。

その一方で、JVCケンウッドは、ビジネスモデルを根本から変えようとしているということです。それは知恵作りのビジネスモデルに基づき、中国の低賃金メーカーと交渉をし、技術を貸し出してモノを作らせる。すなわち、デジタル知的財産(技術)をライセンスすることにより、モノ作りをせずに特許の使用料をもらうということです。

番組によると、JVCケンウッドは、モノを作るだけでなく、魅力的なシステムをあみ出す知恵にこそ日本の活路があると思い至ったのです。堺屋氏はその考え方に賛同すると思います。 (more…)

Fashion Licensing Corner: Japanese Designers Need to Protect, Monetize Their Ideas

Sunday, January 31st, 2010

日本語訳:日本の時代を先取りする創作性の高いファッションデサインは世界の注目を集めても、海外でコピーされ、販売されるせいで、日本のファッション業界は多くの利益とビジネスチャンスを失っているということです。ビジネス戦略には知的財産の保護と海外で展開を含めるべきです。

In the United States, we tend to think of Japan as a high-tech, exporting powerhouse.

That is certainly true in the automotive and consumer electronics industries, where company size and manufacturing prowess are indispensable.

It is not as true for small and medium sized companies, where ideas and creativity, not industrial manufacturing, are the predominant ingredients in the value added mix.

Exhibit A: an interesting New York Times article, which notes that Japan is home to some of the most creative, cutting edge fashion brands in the world, but those small companies do not have the know-how or infrastructure to export.  Rather, Western retail chains “buy up bagfuls of the latest hits. The designs are then whisked overseas to be reworked, resized, stitched together and sold under Western labels.”

Japan earned a mere $416 million from clothing and apparel related exports in 2008, compared to $3.68 billion for US apparel companies, and a staggering $113 billion for Chinese clothing exports.

According to experts quoted in the Times article, in order to turn the situation around, “Japan’s fashion industry needs…more concrete help in marketing and setting up shop overseas….The government could also play a larger role helping Japanese labels protect their intellectual property rights, they say.”

In my opinion, the most effective means for Japanese fashion labels to protect their IP would be to negotiate license and/or distribution agreements with partners in foreign countries.  Copyright law is usually not an effective means to protect against copying fashion designs, and trademark law would not help unless the labels were already selling in the foreign markets.

Exhibit B: a failure to protect intellectual property rights has had a severe economic impact on another field where Japan is a global creative leader—animation or “anime” (アニメ in Japanese).  Anime enjoys growing worldwide popularity for its complex, creative art and storytelling, but a combination of absurdly high prices for legitimate DVDs and a failure to challenge massive Internet piracy has had a devastating economic impact not only on foreign distributors of authorized anime, but on the Japanese anime studios as well.

Japan’s automotive and consumer electronics industries have thrived in part because they learned how to export and how to protect their intellectual property in foreign markets. (Japanese companies are the largest foreign filers of US patent applications.)  Small and medium Japanese IP companies can follow their example and prosper.

Coming soon: an article explaining how small and medium foreign businesses can start doing business in the United States.

モノ作りと知恵作りとライセンシング

Sunday, January 3rd, 2010

Making Things, Making Knowledge, and Licensing >> English translation

「日本が今大不況になっている。その大きな理由はモノ作りにこだわったことなんですよ。やはり日本は新しい知恵作りに入らなきゃいけない。」

元経済企画庁長官の堺屋太一さんは最近、文化放送の大竹メインデッシュというラジオ番組でそう語った。

堺屋さんによると、現代のグローバルな時代には、付加価値の高い製品はひとつの国だけで開発されるのではなく、むしろ様々な国の専門分野を生かして分業開発されているということです。

例えば、ある先端技術製品を作る時に、ビジネスモデルはアメリカ、デザインはフランス、技術開発はドイツ、部品製造は中国、組み立ては台湾、販売戦術・マーケティングはロンドン、金融はシンガポールでやるなど。国境がなくなって、東京と中国の境は東京と神奈川の境と同様になっているということです。

グローバル時代には、製造の部分は中国・インドなど低い賃金の国にアウトソースを余儀なくされるので、先進国の経済成長を促進するためには、モノ作りじゃなくて、付加価値の知恵作りの方が大事になるというわけです。

堺屋さんによると、日本は昔からモノ作りと産業技術の重要さを強調しているけれど、それだけでは不十分です。大竹アナウンサーの日本の会社の技術へのこだわりこそは日本経済の成功の鍵という意見に対し、堺屋さんは日本の会社が素晴らしい性能を多く備えた携帯電話とパソコンを製造しても、日本以外には、あまり売れていない事を指摘し、世界の消費者は必ずしもそんな技術に凝った機械を必要としない。日本の会社は技術へのこだわりのせいでそういう事実に気付いていないと言っています.それはガラパゴス現象といわれています。

その代わりに、日本は知恵作りに焦点を当て、グローバル化の工程分業を利用し、技術をテコとして使い、グローバルビジネスの本社のような役割を演じるというわけです。

私は堺屋さんの意見に賛成です。日本の高い教育水準と労働意欲をバックに、知恵作り・マネジメントを強調することによって、グローバル経済のリーダーの役割を続けることができると思います。

例えば、前の携帯電話の例で言うと、アップル社のヒット製品であるI-Phoneはそのよい例です。デザイン・ソフト・マーケティングはアメリカで考案・展開され、部品は日本、中国などアジアの国で購入され、組み立ては台湾で行われ、など。ハードの技術と製品の性能の面だけで見れば、I-Phoneは普通の日本製の携帯電話より劣っていますが、優雅的、直感的な操作性においてはすごく魅力があります。どうしてかというと、アップルは製品の性能だけではなくて、ビジネスモデルと情報とデサインの知恵に基づいて製品を着想したからです。

そのおかげで、I-Phoneの最新型が売り出された際、欧米の消費者はもとより、日本の消費者も行列を作って買いました。実際は、I-Phoneのおかげで、ソフトバンク社が二年連続携帯電話市場の首位をキープしました。たぶん堺屋さんは日本の会社がアップル社のようなやり方を目指すことを期待しています。

堺屋さんは触れませんでしたが、知恵作りに不可欠となるのがライセンシングやその他の契約書です。契約書を通して、技術、金融など、産業の資源は国境を安全で容易に移動します。中国やインドにたくさんの低い賃金の労働力があっても、そういう戦略を実行することにより、日本は不況を乗り越え、経済競争に必ず勝つと思います。